2017年10月14日

2017年終了

2017年シーズンが終了しました。高知新聞の記事が素晴らしくすべてをまとめてくれていますのでこれ以上言うことはありませんが、貯金を作っての年間勝率2位ですので、少なくとも勝負になった、他球団と戦いができる状況になったと言えるでしょう。

他球団と戦えるなんて本来当たり前のことですが、高知はここ何年も一方的に蹂躙されると言っていい状況が続いていましたので、ここまでこれただけでも感動ものです。

要因はやはり先発3本柱。丸山、嘉数、岡部は他球団のエース格と比べても遜色のない投球を見せ、岡部は試合数が減って初めての10勝投手となりました。また、信濃のエース格和田もリリーフとして期待通りの活躍を見せてくれましたし、前期だけですが羅もパーフェクトなリリーフでした。

打線は深江、ザック、マニー、アンダーソンが猛打を見せてくれました。しかし逆に言うと頼れるのは助っ人である彼らだけ。ドラフトに掛ける日本人選手で主力級の成績を残したのは安藤くらい。2年目以降の選手も活躍した場面はありましたが、主軸と言えるほどの活躍ができませんでした。

守備はショートに森田が入ったことで内野が締まり、安定してきました。ただ、他球団と比べるとまだまだ向上の余地があり、内外野もそうですし、ハンソングが離脱後苦労した捕手も補強が必要です。

ざーっと見ましたがやはり助っ人頼りの状況が続いています。前期よりも後期が苦しかったのは、羅とマニーが離脱したことも大きかったでしょう。
ただ、僕は助っ人で固めても勝てるチームを作るのが正解だと思います。若い選手を試合で使うことはもちろん重要ですが、それで負けが続けたり、競争が低レベルになると結局選手が育たない、またNPBの目に止まりにくいというのは最近まで見てきたことです。

チームの状況が上向いてきたのは、的確な補強をしたチームと駒田監督を筆頭とした首脳陣の尽力があってのことだと思います。
駒田監督が続投に前向きなのは本当にありがたいですので、ぜひ来季も指揮をとってほしいと思っています。
posted by mimitabu at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム的な

2017年09月15日

0913 対ホークス


着いたらホームランを打たれたところでした。
高知は打線が低調。徳島先発・伊藤をとらえきれず。さらには2番手三谷の不調などで追加点を許しました。
貧打とリリーフでズルズルと負ける後期のパターンでしたが、8回裏にザックのホームランで1点差に詰め寄ります。
ホークスは3番手でなんと田中正義が登板! 田中−九鬼のバッテリーとか今ごろ1軍で投げてても不思議でないくらいす。田中はすべてのボールが圧倒的なはっきり言って反則級のピッチャーでした。
1軍で活躍するためには彼を打たなければいけません。対戦した高知のバッターも刺激になったでしょう。
最終的に1点差を詰めきれず試合終了。結局深江とザック頼みの打線で、結果だけ見たらいつもの負けパターンをなぞっただけの試合でした。しかし、それでも見所のある試合でしたし、楽しかったです。行ってよかった。

宮下 1番ライト 3打数2安打 
自分が到着する前には1番バッターとして活躍した模様。2ストライクから粘ってフルカウントにしたまでは良かったですが、攻略できずという場面も。ライト線の打球に追い付いてバックホームでタッチアップを狙った3塁ランナーを刺し、肩をアピールしました。

岡田 2番サード 3打数0安打

深江 3番センター 3打数1安打
2四球を選んでつなぎの役割を果たします。

ザック 4番キャッチャー 4打数1安打1本塁打
インサイドワークは分かりませんが、今の捕手陣ではザックが一番動きが良いと思う。

ロドリゲス 5番DH 3打数0安打

アンダーソン 6番ファースト 2打数1安打
後期あまり見れていませんが、打率と打順が落ちているのはなんででしょう。チャンスに回ってきて の140キロの速球と変化球に苦しんで三振。一塁守備では良い動きをしていました。

山下 7番セカンド 3打数0安打

ラシィナ 8番レフト 3打数0安打
同学年の日本人とくらべて身体能力が高いという思いは変わっていませんが、そろそろ変化球打ちをなんとかしないと厳しくなります。

森田 9番ショート 4打数0安打
先頭バッターとして回ってきて簡単に三振は良くなかった。センター前に抜けるかという当たりにを華麗にさばくなど守備はさすが。

丸山 先発投手 6回 自責点2
ストレートは120キロ台くらい。ストライクを取るのに苦労することはありませんでしたが、今日は長打を打たれていました。
やはり投球術があるとはいえ、三軍を抑えるのに必要な最低限の球速というのがあるのでしょう。6回2失点は先発としてまずまずの結果ですが、アピールできるインパクトはなかったか。もっと良い投手なんですよ。

三谷 2番手で登板 0回1/3 自責点1
ストレートが130キロ台後半を記録するなど球威はありましたが、勝負球の変化球がはっきりと外れる、インコースをぶつけてしまうなど制球で苦労しました。

渋谷 3番手で登板 1回1/3 自責点0
一死満塁で登板し難しい場面でしたが、犠牲フライの1失点に納めました

方田 4番手で登板 0回1/3 自責点0
なぜ打者1人のために交代したのか。プロと対戦させたかったし、プロに見せたかったのではないでしょうか。見事に抑えた彼は立派だったと思います。

和田 5番手で登板 1回 自責点0
posted by mimitabu at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記

2017年09月11日

0910 vs香川

高知 2ー6 香川
高知は1点ビハインドの3回、安藤の2ランホームランで見事逆転。
しかし、最終的にはそこから5点取られて負け。ダブルスチールを決められたり、攻撃でも走塁ミスがあったりと攻守に物足りない結果となってしまいました。
後期終盤になってこの内容はちょっと残念。主力が欠けているとはいえ、メンバー的にはレギュラー級だと思いますので、元プロ・外国人選手が他チーム並みになったときにどれだけ勝てるかという姿を見せてほしかったかなと思いました。

試合自体はお酒も飲めて楽しめました。
posted by mimitabu at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム的な

2017年08月20日

0820対ジャイアンツ

CIMG7733.JPG

高知 1−4 巨人
2安打1得点に抑えられて負け。
流石に巨人の3軍は強く、手も足も出ませんでした。全体的に外角のボール球を振らされているのと、内野ゴロを打たされていたのが印象的でした。
3軍制が整備されているソフトバンクは3軍戦には20歳前後の若い選手が出ることが多く、年上の選手の多いアイランドリーグは勝つことも多いですが、巨人3軍は経験豊富な選手が多くかんたんには勝たせてくれません。それでもこの選手たちを攻略できるかでプロ入りが近づくので次からは頑張って欲しいと思います。

■ザック
守備面では俊足の松原・増田の二盗を阻止する好プレー。あくまでサブポジションとされている捕手としての活躍が目立てばまた面白くなります。

■森田
三遊間一番深いゴロをスライディングキャッチし、そのまま踏ん張って一塁送球。ギリギリにプレーでアウトにしました。フィールディングはやはりさすが。
posted by mimitabu at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記

2017年08月06日

前期振り返り(野手その3)

祐人 打率.217 1本塁打 6打点 69打数 13三振 4四球 OPS.613
代打としてはまずまずだと思うがもちろんそれだけでは終わらないだろう。打つこと。

安田 世幸 打率.200 0本塁打 3打点 25打数 8三振 2四球 OPS.459
元気なプレーはチームにいい影響を与えていると思う。経験を積みたい。

ウ・ギョンサム 打率.200 0本塁打 4打点 35打数 16三振 2四球 OPS.475
打撃が荒く武器であるスピードを生かせない。改めて外野争いに参戦期待。

マニー 打率.460 3本塁打 20打点 63打数 8三振 9四球 OPS.1225
打撃だけでなく存在感、態度どれをとっても素晴らしすぎるレジェンド。彼が後期も見られる幸せ。

前田 隆靖 打率.176 0本塁打 0打点 17打数 4三振 2四球 OPS.439
ハンソングの怪我で出番が増えるかもしれない。まずはキャッチャーとして出場機会を。

岡田 悠吾 打率.500 0本塁打 1打点 8打数 1三振 1四球 OPS.1180
攻守に期待をかけれれている選手。レギュラー獲得して力を示したい。
posted by mimitabu at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム的な

前期振り返り(野手その2)

森田 吉輝 打率.240 0本塁打 6打点 96打数 13三振 7四球 OPS.576
ルーキーながら守備は随一だった。打撃はもう少し出塁に期待。

深江 真登 打率.314 0本塁打 7打点 105打数 13三振 22四球 OPS.817
怪我がなければ全く心配のない選手。前期の離脱は痛かったので後期はフル参戦を。

山下 和則 打率.320 1本塁打 17打点 97打数 16三振 7四球 OPS.774
バッティングがパワフルに向上。この勢いを維持できるか。

銀二郎 打率.194 1本塁打 6打点 67打数 9三振 2四球 OPS.485
センターの控えとしては貴重だったが、やはり打撃向上でレギュラーを掴んでほしい。

ラシィナ 打率.194 0本塁打 4打点 31打数 11三振 4四球 OPS.543
主にマニーの代走として出場。少ないチャンスをものにできるか。
posted by mimitabu at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム的な

前期振り返り(野手その1)

アンダーソン 打率.309 7本塁打  23打点 123打数 21三振 26四球 OPS.908
大当たりのパワーヒッター。リーグトップクラスの打撃成績に加え、一塁守備も◎

ザック 打率.339 1本塁打 26打点 145打数 12三振 23四球 OPS.888
相変わらず頼りになる主砲。本塁打は1本も、多くの打点を稼いだ。

安藤 優作 打率.301 0本塁打 12打点 113打数 18三振 20四球 OPS.755
打率3割を残し、大卒ルーキーとしては上々の成績。次は長打を期待したいところ。

ハン・ソング 打率.194 0本塁打 2打点 98打数 13三振 2四球 OPS.474
大きな体を使い切れていない打撃成績。期待も大きかったが怪我をしてしまった。

宮下 黎 打率.165 0本塁打 8打点  85打数 10三振 1四球 OPS.393
開幕前期待が大きかっただけに大きくつまづいた。まだチャンスは有るはず。
posted by mimitabu at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム的な

2017年07月28日

戦力補強

新入団選手のお知らせ

中断期間の戦力補強はカイルトクナガ投手と宮田選手の2名になりました。
トクナガ投手はムービング系の抑え候補、宮田選手はセンター候補となるでしょうか。
台湾での選手獲得の話もありましたが今回は無くなったのでしょうか。

トクナガ投手はMHPSで投げていた選手ですので、退団した羅の穴を埋める活躍を期待したいですね。
posted by mimitabu at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム的な

2017年07月27日

秋山が引退

退団選手のお知らせ

開幕前から期待していた投手でしたが、半期で引退となってしまいました。
1年目はまだ10代と若いながら立派に先発ローテーションを守り5勝をあげ、先が楽しみな投手でしたが……。
その後は苦しみながら、今季は3本柱が活躍したこともあり登板なし。
相手打者に向かっていく、気迫あるピッチングは印象的でした。夢を見させてくれた投手でした。
高知でプレーしてくださってありがとうございました。

ラフは自由契約に。リリーフとして投げてくれましたが、結果は残せず。
後期のやりくりに注目したいところです。
posted by mimitabu at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2017年06月12日

前期振り返り(投手その2)

林 逸翔 9試合 23回1/3 防御率3.09 27被安打 13奪三振 9与四球 WHIP1.54
貴重な先発候補。投球回数を上回る被安打は多いですが与四球は少なくまずまず。

岡部 峻太 8試合 49回2/3 防御率2.90 47被安打 40奪三振 20与四球 WHIP1.34
勝ってはいるが能力があるだけに物足りない成績。後期は圧倒的エースに。

加藤 佳樹 8試合 14回 防御率4.50 15被安打 16奪三振 5与四球 WHIP1.42
奪三振の多さとまとまったコントロールは潜在能力の高さ。被安打を減らしたい。

西川 拓馬 7試合 17回1/3 防御率5.71 19被安打 12奪三振 9与四球 WHIP1.61
まだまだ能力を発揮できていない。登板機会を得られたのは良かった。

方田 健斗 3試合 3回 防御率12.00 4被安打 3奪三振 2与四球 WHIP2.00
もっともっとやってくれるはず。後期は出番増を期待。

井坂 肇 1試合 1回 防御率9.00 2被安打 0奪三振 1与四球 WHIP3.00
登録抹消を繰り返し大変だったが後期はもっと投球を見たい。
posted by mimitabu at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム的な