2017年04月13日

0413 対愛媛

高知 1−1 愛媛

またもや6回から観戦。
ついたときは1−1。そこからは高知は先発丸山から抑えの羅につないで無失点。愛媛は阿部−正田とベテランリレーで同じく無失点。
早く終わってしまった。見てないけど深江が足を見せてくれたのは良かったかな。見てないけど。
それにしてもこんなに勝っているのに球場で見た試合は1敗1分とはね。
posted by mimitabu at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記

2017年04月05日

0405 対徳島

2−5で敗戦

6回からしか見ていませんが、先発岡部はコントロール良くポンポン投げ込んでいましたが祐人のエラーをきっかけに失点。さらに7回つかまって3失点で合計4失点。
スタミナが課題なのでしょうか? 岡部にはエース格として回ってもらう必要があるので苦しいところ。次回登板では期待したいです。
攻撃は7回満塁のチャンスを生かせず2点どまり。まずまずチャンスは作れていたのであまり心配はしていません。
問題は両チームとも細かなミスが多く出ていたこと。例えばランナー1塁でライト前にハーフライナーでヒットを打ったものの、1塁ランナーがフライと勘違いしたのかのスタートが悪く2塁フォースアウト。直後に同じく強いゴロのライト前ヒットが出るも、やはりスタートが悪く2塁フォースアウト。……と思いきや今度は徳島の返球が乱れてセーフ。
注目度が高くなっているだけに、こうしたミスを少なくしていきましょう。もっと勝てる。
ラミレスが最後の最後まで打席に立ってくれたのは嬉しかった1日でした。

ジェフン
本当にセンターを守っていて最終回は投手で出てくるんですね。
現時点でホームラン王のバッティングに加えて投手もできるとは……。
スピードは多分今日出てきた投手で一番速かった。準備もそこそこにストライクも十分入っていましたし、これは手強い。
posted by mimitabu at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記

2017年04月02日

0402 対ホークス(TV)

9−0で勝利。
キャプテン嘉数が先発した今季2戦目は、嘉数が6回無失点。三谷、加藤、ラフと新戦力で繋いで好守に危なげなく2勝目をあげました。新戦力のリリーフ陣は140キロ台の速球が出ていましたし、打撃でも売って欲しい選手にヒットが出てシーズン開幕としては申し分ない結果となりました。

開始当初は1軍クラスの選手もいて圧倒的に力の差があり、負けて当然といった交流戦でしたが、近年は3軍=育成の体制が整ってきたため20歳前後の若い選手がほとんどとなったホークス相手ですので、逆に独立リーグのほうが完成度が高く、優勝のためには落とせない試合となってきました。
本日もホークスの守備面でのミスが目立ち、それに付け込んだ高知が終始有利に試合を進めました。
それでも昨年までは勝ちきれず落としていたホークス戦に2連勝したことでファンとしては「今季はやれる!」との思いを新たにしました。開幕したばかりですが昨年までを考えるとまるで夢を見ているようです。秋には素晴らしい報告が聞けるよう期待したいです。

嘉数
新キャプテンは投手ながら素晴らしくキャプテンシーの高い選手です。先発転向して勝負のシーズン。
6回87球で無失点、さらに無四球でマウンドを降りました。本人はもう少し投げたかったかもしれませんが最高の結果だと思っています。
今日は特に右バッターの外角低めに逃げていくスライダーがビシっと決まっていて、ピンチを招いても右バッターには安心して見ていられました。内角高めにストレートの要求が出てもやや内側に入っていたのでここがきっちりハマれば更に良くなるのではないでしょうか。

安藤
ドラフト1位で愛知の選手ということで、退団した河田とダブるところのあるスラッガーですが、今日はタイムリーヒット2本に3塁打と結果を残しました。ザックの前を打っているので出塁という面も大切ですが、古谷から思いっきり引っ張った第4打席のように長打も期待されています。駒田監督もキーマンにあげていますが、打線の中でかなり重要な役割を求められている選手です。プレッシャーもありますが、今日のように思い切ったバッティングを期待したいです。

森田
開幕から2戦連続好守備を続けています。ショートの名手だった浜村孝さんも絶賛していました。反応が早い、守備範囲が広い、そしてなにより独立リーグの内野手には珍しく肩が強い。特別合格でないドラフト8位のこの選手がここまでやるとは誰が予想していたでしょうか。いい選手が入ってくれました。今日はショート深くへヒットも放ち、好守に大活躍。1年間怪我なくやってほしいです。

アンダーソン
ライト前ヒット、セカンドゴロ、ライトフライ、。絵に描いたようなプルヒッターです。ベースから離れて立っているため、(本来の)内角は大得意。逆に外角は見切りが早く、審判より前に自らボールと判定することもしばしば。ものすごく特徴のはっきりしたバッターです。これはワクワクします。失投を見逃さなければかなりの長打が期待できるでしょう。
一塁守備は今日エラーを記録したもののほとんど内野安打と言って良いもので、大きな体格の割に動きは俊敏。キャッチングも安定していますので、こちらは文句なしに戦力となります、

銀二郎
開幕戦、そして今日3回までは全く良いところがなかった銀二郎ですが、4回裏にレフトポールに直撃する2ランホームラン!
深江が怪我をしても彼がセンターを守れるのは幸運だと思いますが、深江復帰後は宮下とレフトを争う立場だと思います。その中で今日ホームランを打ちパンチ力をアピールできたのは良かったのではないでしょうか。さらにダメ押しとなるタイムリー3ベースヒット。打力のアピールは頼もしいですね。

ハンソング
マイクパフォーマンスで流暢な日本語を喋り国歌斉唱を口ずさむ韓国人選手。恵まれた体格なので長打力が期待されますが、開幕2戦で見せてくれた長所はボールを後ろにそらさないこと。第一印象で我々が思う以上に泥臭い好捕手なのかもしれません。

古谷
1軍とは言わずも支配下登録の有望格が登板してくれました。左腕から150キロを超えるストレートと130キロ台のスライダー。独立リーグではストレートが130キロ台の投手がほとんどの中、圧倒的なスピードを見せつけてくれました。
これです。ドラフトにかかるということは彼を打つということなんです。こういう投手と対戦できるのはホークスとの交流戦をしている一番のメリットだと思います。5−0で勝利している場面で出てきてくれたのはチームとして最高の場面だと思います。
まだ18歳のルーキーながらすでに素晴らしいピッチャーです。彼が3軍で投げているのはホークスならでは。並のチームなら今季中に一軍デビューしている逸材だと思います。

幸山
2試合トータルで観て一番印象に残った野手が彼です。190センチの長身ながらセンターを守る守備と、常にフルスイングのバッティング。球団は柳田2世として期待していることでしょう。まだ20歳。これから注目して損はない選手だと思います。

posted by mimitabu at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記

2017年04月01日

0401 対ホークス 開幕!(TV)

テレビ中継のある日はテレビ観戦。
3−2で勝利。
開幕戦勝てたのは大きい!
昨年開幕戦で1安打完封負けした伊藤投手をアンダーソンの2ランホームラン等で攻略し見事な勝利。
何より1点差を逃げ切ったいいゲームでした。


丸山
開幕投手に指名される期待の大きさってことですね。緊張したのか立ち上がりは不安定で一死満塁のピンチを招きますがダブルプレーで切り抜け、8回途中まで2失点の好投。
高めの速球と、何より低めに決まるスライダーが今日は武器になっていました。右バッターのアウトローに決まり効果的に空振りを奪えていました。
開幕投手を任せられての初勝利は自信になったことでしょう。今季は大黒柱頼むよ!

アンダーソンb
初打席で先制2ランホームラン! あっという間にライトスタンドに達する力強い一打でした。
ザックの後ろを打つ打者が鍵になると思いますので、彼の活躍は嬉しい限り。
外角の変化球を追ってしまうのと、判定に不服をもらす一面もありましたので、粘り強く頑張ってほしい。
体が大く一塁守備でも安定感がありそう。

宮下
副キャプテンとなりチームを引っ張って行く1年はタイムリーを含む2安打、二盗三盗と最高のスタートとなりました。今日はレフトでスタメン。競争は激しいですがレギュラーをつかむ絶好のチャンスとなっています。引き続き活躍を期待したいです。

羅 國華
今季は彼を抑えで使うプランなんですね。145キロの速球と大きく落ちるチェンジアップはさすがWBC台湾代表といったところ。ヒットは打たれたものの、頼れる存在になりそう。

マニー
初ヒットが出ました。まずはスーパースターが市営球場に立っているだけでもすごいこと。
何より印象的だったのは明るくチームメイトと打ち解けていること、振り逃げで全力疾走すること、嬉しそうに野球をしていたこと。
posted by mimitabu at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記

2017年03月28日

64 澁谷 直駿

2016 8試合 0勝 0敗 0S 防御率1.35 6回2/3 被安打4 6奪三振 5四球 WHIP1.35

昨季はほとんど出番がなく悔しいシーズンでしたが、今季は飛躍のシーズンになって欲しい。
貴重な左腕投手です。昨季は8試合の登板で、まだまだ不完全燃焼だったと思いますが、それでもイニング数と同じくらいの奪三振を奪い、中継ぎとしての適性を見せました。
四球数もイニング数に迫るものですので、コントロールが課題だと思いますが、ここが改善できれば力のある左腕はNPBでも需要があるポジションですので、十分希望はあります。

今季も中継ぎスタートなのではないかと思います。それでも昨季より出番は増えると思いますので、早くから結果を出してセットアッパーや先発の座を狙っていきたいところです。
1年経って独立リーグにも慣れたと思いますし、愛知出身の選手が多くなり環境も良いはず。中心選手に飛躍して実りのあるシーズンを送ってほしいですね。
posted by mimitabu at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム的な

37 丸山 雄大

2016 9試合 4勝 0敗 0S 防御率2.25 36回 被安打28 22奪三振 11四球 WHIP1.08

昨年大きな活躍を見せた一人です。
茨城GGのエースとしてトライアウトリーグで加入した選手ですが、昨年前期は練習生として苦しい日々を過ごしました。
後期に選手契約されるとそこから快進撃。1完封を含む4勝を挙げ負け無し。一気に投手の中心に上り詰めました。同じような境遇の岡部と比べても遜色ないどころか、むしろ勝っている部分もあり、後期の快進撃を支えた一人となりました。

右のサイドから切れの良い速球を放り込んでいくスタイルで、高い奪三振能力を誇ります。
独立リーグには多い右サイドの投手でも、優れた成績を残した投手と言えるでしょう。
エース、抑えが退団しても監督が強気の姿勢を崩さないのは、もちろん彼が1年間通して昨季のような活躍をしてくれるという期待もあるでしょう。
三振を奪う力があるので、先発・リリーフどちらでも力を発揮できる選手だと思います。
年齢的にも勝負のシーズンになると思います。持っている力を発揮できれば、かなり期待ができる選手だと思っています。
posted by mimitabu at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム的な

34 ラシィナ

2015 打率.000 0本塁打 0打点 5打数 4三振 0四球 出塁率.000 長打率.000 OPS.000
2016 打率.247 1本塁打 11打点 93打数 38三振 6四球 出塁率.292 長打率.333 OPS.625

なんとか出場機会を増やしてほしい。
一昨期に公式戦初出場、そして昨季はついに戦力として出場機会を増やしました。
打率.247はチームでも上位の数字。100打席も超えました。
まだまだ変化球に対応できていなかったり、四球が少ないなどの課題はあります。
しかし、公式戦初ホームランを打ったパワーに加え、技術的な成長も驚くほど早く、同世代の日本人選手と比べても力のある選手という位置にいると思います。

アフリカからやってきた愛らしい少年も20歳のシーズンを迎えます。
「広告塔ではなく戦力で取った」という球団の方針通り、立派な戦力になるところまで来ています。
ブルキナファソ出身という枠でなくてもプロ野球選手として認められるか、大切なシーズンになります。
大型補強により主戦場である一塁、三塁、指名打者には外国人選手が座ることが予想されます。
競争に打ち勝つか、別のポジションで勝負するのか。いずれにしろこのチーム1愛されている選手が大活躍し、昨年より出場機会が増えることを願っています。
posted by mimitabu at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム的な

2017年03月16日

28 岡部 峻太

2016 6試合 2勝 1敗 0S 防御率2.53 32回 被安打27 20奪三振 8四球 WHIP1.09

今季はエースの期待がかかる投手。
昨季後期に加入後、目覚ましい活躍を見せた選手です。
リリーフで登板後、2戦目で早くも初先発。5回までノーヒットピッチング。その後もホークス相手に完封勝利するなど彗星のごとく現れエース級の活躍をしました。グラゼニ賞も受賞し、もちろんフェニックスリーグ選抜にも選ばれるなど充実したシーズンとなりました。

武器はやはりキレのあるストレート。5.62という奪三振率は悪くはありませんが、あのストレートがあればまだまだ伸びるはず。変化球も含め、総合的な進化を見てみたいものです。

もちろん相手チームも研究しているでしょうし、今季も同じだけの活躍ができるかは分かりません。しかし、十分力のあるところは見せつけてくれました。
まだ20歳の選手です今季は先発の柱として期待されるシーズンとなります。昨季の成績がフロックでないことが証明できれば、スカウトも見逃さないでしょう。
posted by mimitabu at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム的な

25 橋本 隆

2016 打率.224 1本塁打 9打点 147打数 34三振 10四球 出塁率.281 長打率.306 OPS.587

大いに期待が持てる野手です。
地元出身の希望の星として入団し、1年目から50試合に出場しました。
なにより打撃で一定の成績を残したことが大きいです。特に序盤は3割前後をマークするなど存在感を見せました。後半は研究されたのかバテたのか下降しましたが、高卒ルーキーでここまでやれるのは素晴らしいと思います。
右翼手としても足、肩ともに申し分ない守備力を備えていると思いますので、やはり打力が求められてきます。
昨季は147打数で34三振とスラッガー並みの三振を喫してしまいましたので改善が求められるところですが、思い切りの良い打撃スタイルは好きなのでスイングは残しつつ、バットに当てる技術を高めていってほしいところです。
リーグに慣れた今季はさらなる飛躍が期待されます。新入団選手も入り外野手競争が激しくなりますが、レギュラー格として考えられていると思います。理想形は角中選手というところでしょう。2年目の飛躍に期待したいです。
posted by mimitabu at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム的な

2017年03月15日

24 深江 真登

2016 打率.386 0本塁打 21打点 145打数 9三振 12四球 出塁率.454 長打率.480 OPS.934

なんの心配もしていません。
カンドクからオリックス、アメリカ独立リーグさらにはオーストラリアと豊富な経験をしてきたベテラン選手。
駒田監督をはじめとして首脳陣も絶賛。彼の実力、そして経験はチームにとって欠かせないものとなりました。
プロでの印象は俊足の技巧派選手でしたが、とんでもない。本塁打こそなかったものの長打を連発。外国人選手並みの長打率をほこりました。
それでいて打率も高く出塁役も自己犠牲もこなす。打線をつなぐ3番バッターとしてこれ以上ない活躍をしてくれました。三振をしない打撃も見事でした。

あえて言えば盗塁と四球が少なかったですが、これは3番としての役割を全うしたためでしょう。マニーやアンダーソンがハマれば1番に置けますし、その際の打撃も楽しみです。

育成の独立リーグですが、彼のようなベテラン選手が他の選手にもたらす影響はかなり大きいです。彼の獲得は球団の大ヒットだったでしょう。
posted by mimitabu at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム的な